AUTO GLYM

PREMIUM CAR CARE JAPAN

最上級コーティング剤

【NEW】ウルトラ・ハイ・ディフィニション・ セラミック・コーティング(2021年6月発売予定)

薄いガラス層を塗装面に加えた様な仕上がりになり、優れた保護効果と驚きの輝きを実現します。

USABLE APPLICATIONS使用可能用途

最高の仕上がりを求める多くのユーザーから「プロの様なボディーコーティングを自分の手で施工したい」とカーケアケミカル専門ブランドのオートグリムに多数の要望がありました。そこでオートグリムは英国の最新設備が整う研究所で数えきれないほどの開発の結果、史上最高の仕上がりが実現出来るこれまでで最も贅沢なコーティング剤を開発しました。それがウルトラ・ハイディフィニッション・セラミック・コーティングです。

HOW TO USEご使用方法

【施工の事前作業】
UHDセラミックコーティングが塗装に完全に施工出来るよう、ペイントリノベーター等のポリッシュ剤で塗装面を完璧な表面に仕上げておくことが不可欠です。

【使用方法】
UHDシャンプーで車を完全に洗い、塗装面が清潔で乾燥していて、汚れ、ゴミ等がないことを確認して下さい。鉄粉等あればマグマで取り除いて下さい。完璧な仕上がりを得るには、軽い引っかき傷やホログラムを取り除く必要があります。表面に残っているワックス、シーラント、油脂等をプリパレーションで全て取り除きます。洗剤を緑色クロスに直接塗布してから、コーテイングする予定のすべての残留物を取り除いて下さい。その後、緑色クロスを随時折り返し、残っている液剤を拭き取ります。

UHDコーティングは理想的には、一度に約50cmX50㎝のセクションで作業することをお勧めします。温度と湿度は、必要な、乾燥時間と硬化時間に影響を与える可能性があります。液剤を適用する最初のパネルで最適な乾燥時間を決定することをお勧めします。施工し、少し時間が経過すると液剤が乾燥し始めます。乾燥し、フィルムの様な膜が形成されたら、拭き取る時です。暖かい日には1~2分、涼しい日には3~5分かかります。この最初のパネルを残りの施工の目安にします。液剤を塗布しすぎないように注意しながら、アプリケーターを使用して液剤を直線状に塗布します。平均サイズのパネルに適用し、適切な硬化時間後、赤色クロスを使用してよく拭き取ります。次のパネルに移動し、必要に応じてアプリケーターに少量の液剤を追加し、塗布した後、乾いたら拭き取ります。目的のすべての領域をコーティングして拭き取ったら、スポットチェックを実行する前に、車の位置を変更して、さまざまな照明で塗装面をチェックします。拭き残し部分を赤色クロスで拭き上げます。最後に液剤を最低4時間完全に硬化させます。この期間中は、雨天やほこりや汚染の多い環境にさらされないようにする必要があります。施工後24時間は車両を洗わないで下さい。
※プラスチックまたはガラスに付着して場合は液剤を取り除きます。UHDセラミックコーティングは、塗装面以外の表面には使用できません。
※炎天下では作業しないで下さい。
※マット塗装にはおすすめしません。

詳細
下地処理剤×1、コーティング剤×1、
下地処理剤用クロス×1、塗布用アプリケーター×1
拭き上げ用ハイテック・フィニッシング・クロス×1
使用上の注意
子供の手の届かないところに保管してください。肌の敏感な方はゴム手袋を着用してご使用ください。使用後は手を洗ってください。目に入った場合はきれいな水で洗浄してください。それでも刺激が残る場合や、万一飲み込んだ場合は、ただちに医師に相談し、適切な処置を行ってください。

FEATURED PRODUCTS関連おすすめ商品